理念・沿革

Philosophy

建学の理念

人は人のために尽くすをもって本分とすべし

創立者村野山人翁の遺訓を建学の理念としています。本校は山人翁の「立国の基は工業の振興にあり」との信念により創立され、爾来、一貫して真に公共に貢献しうる人材の育成に努めています。

校章の由来

神戸村野工業高等学校 校章

本校の校章は創立者村野山人王の「山人」という文字を図案化したもので、星の姿を採っています。
それに「工」の字を配し、世界に貢献する工業人の指名を象徴しています。昭和23年「高」の字が加えられ、現在に至っています。

本校沿革

大正9年11月 財団法人神戸村野徒弟学校設置認可
大正10年1月 名称を神戸村野工業学校と改称、機械科設置
大正10年2月 前兵庫県立工業学校長大野部一郎、校長として就任
大正10年4月 入学式を挙行
昭和3年4月 電気分科・紡績分科設置
昭和16年8月 前大阪府立堺工業学校長小山平治、校長として就任
昭和17年4月 電気分科・紡績分科を廃止、電気科・造船科を設置
昭和22年3月 造船科廃止
昭和23年7月 学校教育法により神戸村野工業高等学校と改称
昭和26年3月 財団名義を学校法人神戸村野工業高等学校と改称。
村野利美、理事長として就任
昭和38年5月 前兵庫県立兵庫工業高等学校長千葉正規、校長として就任
昭和46年11月 創立50周年記念式典挙行
昭和50年4月 普通科設置
昭和54年3月 第2運動場取得(稲美グラウンド)
昭和56年11月 創立60周年記念式典挙行
昭和57年7月 村野利昭、理事長として就任
昭和58年5月 前兵庫県立姫路工業高等学校長竹内幸夫、校長として就任
昭和63年4月 情報電子科設置
平成元年3月 情報電子科実習室竣工(第3実習棟)
平成2年4月 機械科4学級・電気科4学級・情報電子科2学級・普通科3学級、生徒定員1950名
平成3年11月 創立70周年記念式典を挙行(1991年)
平成7年1月 阪神・淡路大震災により体育館、第1校舎、記念館をはじめ
その他各校舎・校地などに大きな被害発生
平成7年8月 機械電子科設置認可・情報電子科を情報技術科と改称
平成8年3月 第1校舎新築復旧工事完了
平成8年4月 機械科3学級・電気科3学級・情報技術科2学級・機械電子科2学級・普通科3学級、生徒定員1755名
平成8年10月 阪神・淡路大震災の新築復旧工事(体育館兼講堂・記念館など)完了
平成9年3月 第2実習棟改修(機械電子科実習室)
平成10年4月 前兵庫県立姫路工業高等学校長田村彰吾、校長として就任
平成12年11月 創立80周年記念式典を挙行(2000年)
平成13年4月 機械科4学級・電気科2学級・情報技術科2学級・機械電子科2学級・普通科3学級、生徒定員1755名
平成16年8月 第2・3校舎耐震補強
平成17年8月 第1・2実習棟耐震補強
平成17年10月 第3運動場取得(ひよどりグラウンド)
平成18年4月 前兵庫県立尼崎工業高等学校長櫻井和雄、校長として就任
平成18年8月 本館耐震補強
平成18年11月 ひよどりグラウンド竣工式挙行
平成22年11月 創立90周年記念式典を挙行(2010年)
平成26年9月 台風11号によるひよどりグラウンド災害復旧工事
平成28年4月 前兵庫県立星陵高等学校長吉田耕造、校長として就任
平成28年9月 食堂リニューアル、Yショップ(コンビニ)オープン