教育方針

Educational Policy

ものづくりのエキスパートを育てます

長年にわたり、日本の工業教育の一翼を担い、私学の専門高校として国内屈指の歴史と伝統を有する本校では、生徒・保護者のアンケート調査に基づき学校改革を検証する中で、以下の4つを教育方針に掲げ、ものづくりのエキスパートと呼べる人材の育成に取り組んでいます。

技術と資格の村工

日本の経済を支える技術教育を進めています。4つの工業学科では、専門知識と技術・技能の基礎から応用へと学びを深めています。その成果を資格取得へと進め、国家資格や高度な技能検定等を受験し、産業社会の即戦力となる力を身につけていきます。普通科の生徒諸君も総合学習で工業系の科目を選択し、資格取得にチャレンジしています。実習設備も現在の産業界に対応するべく、新たな設備を更新しています。

神戸村野工業高等学校は日本の経済を支える技術教育を進めています

神戸村野工業高等学校は資格取得にチャレンジし、産業社会の即戦力となる力を身につけていきます

取得可能な資格一覧ページへ

 

盛んな部活動

本校ホームページの学校紹介ビデオ「部活で未来を拡げよう」でご覧いただいたように、技を磨き・高めて、多くの部が全国大会や近畿大会に出場しています。また、地域の催しやお祭りなどに参加して地域貢献をしています。
スクールバスで10分の距離に充実した設備を備えた「ひよどりグラウンド」があり、甲子園球場と同じ土と広さのグラウンドや研修棟をもち、日々の練習や運動部の合宿、勉強合宿などを行っています。「文(学習)を深め、武(部活)を究め、文により武を高め、武を通して文を高める」という「文武協働」の実践を通して、心・知・技・体が備わった人格も共に育んでいます。

神戸村野工業高等学校の甲子園球場と同じ土と広さのひよどりグラウンド

神戸村野工業高等学校のサッカー・ラグビーグラウンド

クラブ活動紹介ページへ

 

e-ラーニング

日々の学習を通して、変化の激しい社会を生きぬくための基礎・基本の学力の定着、応用力・創造力を身につけていきます。また、生徒の「学びたい」という気持ちを支援するために、インターネットを利用して、学校や自宅で、生徒自身のペースで国語・英語・数学を学習できる環境を整えています。その内容は、中学校の復習から大学入試センター試験を目標としています。また、個々の生徒の学力向上をめざした学習合宿などの補習体制も充実させています。

神戸村野工業高等学校のe-ラーニング「すらら」

神戸村野工業高等学校は学力向上をめざした学習合宿などの補習体制も充実

e-learning「すらら」詳細ページへ

 

特色授業「7HJ」

やる気を引き出し、自己変革を達成するための「7つの習慣J」の教育プログラムを1年生の「7HJ」の授業で実施しています。この教育プログラムは、民間企業リーダーの育成プログラムを高校生用にアレンジしたものです。今までの「自分」に正面から向き合い、目標実現のために「自分」を変えて、建学の理念である「社会のために尽くす人間」をめざします。

神戸村野工業高等学校の教育プログラム「7HJ」

神戸村野工業高等学校は「社会のために尽くす人間」をめざします

「7つの習慣J®」詳細ページへ